お米の歴史と名前の由来と特徴

ふくまるの歴史と名前の由来と特徴

2019/12/09

50

あまり知られていない茨城のブランド米です。生産者登録制度に加入しないと栽培することができないお米です。

臭みが少なく、ジューシーで旨味たっぷりな「金華鯖」と宮城でも入手しにくい幻のお米「ササニシキ」を使った鯖の押し寿司は、食べやすさ・美味しさがピカイチでネット通販でも大人気です。

ふくまるの歴史

2001年 茨城県農業総合センターで「千葉6号」と「ひたち20号」を交配する。
2012年 「ふくまる」と命名される。茨城県が「ふくまる」を奨励品種とする。
2014年 種苗法により品種登録される。

ふくまるの系譜

ふくまるの名前の由来

一粒一粒が大きく、しっかりしていることから名づけられました。

ふくまるの味と特徴

粒が大きく噛みごたえがあるお米です。炊き上がりの美しさは一流の料理人が絶賛するほど。

噛むほどに豊かな味わいが広がり、おかずの味を引き立てます。冷めても「硬さ」「粘り」「こし」は変わらず、再加熱しても美味しく食べられます。

さっぱりとした切れ味があるので、お弁当やおにぎりお寿司など、あらゆる用途で食べることができます。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,