お米の歴史と名前の由来と特徴

ほしのゆめの歴史と名前の由来と特徴

50

今では新潟県と肩を並べるほどになった北海道のお米。

現在のような美味しいお米を収穫するために、試行錯誤の上、色々な品種が作られました。その歴史を刻むお米としてほしのゆめがあります。

ほしのゆめの歴史

1988年 北海道立上川農業試験場で「秋田31号/道北48号」「渡育240号」を交配する。
1996年  「ほしのゆめ」と命名される。農林省により、「上育397号」として登録される。北海道が「ほしのゆめ」を奨励品種とする。
2000年 種苗法により品種登録される。

ほしのゆめの系譜

ほしのゆめの名前の由来

「きらきらと輝く星のイメージがつやのあるおいしい米を連想させ、食べる人や米作りに携わる人の夢がかなうように」という思いが込められて名づけられました。

ほしのゆめは、一般公募から選ばれた名前です。

ほしのゆめの味と特徴

ふっくらした炊き上がり、ほどよい粘りがあるお米です。

柔らかめではありますが、米の粒がしっかりしています。味があっさりしているので、どんなおかずとも相性抜群です。

くせがなく、お米そのものを味わっても良し、冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当はもちろん、チャーハンやピラフなどの炒め物でも美味しく食べられる、オールマイティーなお米です。

スポンサーリンク

-お米の歴史と名前の由来と特徴
-, , ,