お米レポート

香川県のお米「恋の予感」の味とその感想

2018/06/23

恋の予感を食べてみた

「恋の予感」は、広島県で奨励品種とされているお米ですが、サンプルがお取り寄せできるのはとても珍しいので、早速お取り寄せしました。

 

こちらも大粒のお米とのことですが、炊く前はあまり大きく感じませんでした。

今回のお米は、香川県産。低農薬米(除草剤以外の農薬は不使用)で、肥料はサトウキビの絞りかすとカツオ魚粉という、安心して食べられるお米です。

ちなみにサトウキビはミネラルが多いそうです。

多少白濁色の粒が混ざっていますが、虫食いもほとんどない綺麗なお米です。

恋の予感のレビュー

炊き上がりはツヤがあり大粒。

ふわっとした柔らかさにほど良い粘りが加わった食感です。味はあっさりひかえめで香りが少なく、おいでまいと味が似ています。

味が濃く、弾力があるコシヒカリを男性的なお米とするならば、恋の予感はその逆で、薄味で、優しい柔らかさと粘りがある女性的なお米です。

お米の味そのものを重視する人には物足りませんが、おかずメインでお米がサブという人には好まれる味だと思います。

冷めても、炊き立て同様の柔らかさを持続し、口の中でホロっとほぐれます。お弁当やおにぎりにした方が、お米の旨味を堪能できます。

さっぱりと控えめで、おかずを立てる旨さの味は、さすが西日本のお米だなと思いました。

スポンサーリンク

-お米レポート
-, ,