お米レポート

北海道のお米「きたくりん」の味とその感想

2018/06/23

きたくりんを食べてみた

きたくりんは、北海道外に出回ることが少ないお米なのですが、ななつぼしよりも味や香りがいいと言われているお米です。

たまたまお試し米を見つけたので、食べてみることにしました。

 

道央道、砂川ハイウェイオアシスの「そらいちマーケット」で見つけたお米は、とても可愛いパッケージになっています。

スーパーで販売されているお米の中には、同じ銘柄同士がブレンドされたものもあります。

しかし、このきたくりんは、中道ファームで栽培されたお米のみが詰まっています。その分、味がいいんですよね。

白濁色の粒もありますが、見た目は普通な感じです。

きたくりんのレビュー

炊き上がりは、きらきらとした透き通る白さ。

決して硬くはないけれど、粘りがあるので噛みごたえがあります。さっぱり系にしては、しっかりとした甘さがあり、とても美味しいです。

どんなおかずにも合いますが、お米そのものの味も楽しめる、欲張りな味わいです。

温め直してみると、冷めた時特有の強い粘りはありません。かといって、ポロポロこぼれることはなく、ふっくらとした口当たりで、口の中でホロっとほぐれます。

なんだか、おにぎりにするには勿体ない上質なお米だと思いました。

きたくりんは、ゆめぴりかやななつぼしと同じくらい、市場に出回るべき道産米ではないでしょうか。

スポンサーリンク

-お米レポート
-, ,