お米レポート

福岡県のお米「夢つくし」の味とその感想

夢つくしを食べてみた

久々に九州のお米をお取り寄せしました。

過去に、森のくまさんさがびよりを食べましたが、「九州のお米ってこんなに美味しかったのか」という目からウロコの記憶しかありません。

なので、福岡県のお米も期待大です。

 

今回のお試しは1合です。

発送直前の精米です。少量なのに嬉しいですね。

最近のお米は高品質なので、見た目が悪いものを探す方が難しいですね。

夢つくしのレビュー

炊き上がりはつやつやとした美しい白です。しゃもじでほぐすと、お米の柔らかさが伝わってきます。厚みや幅はコシヒカリと変わりませんが、夢つくしの方が長いです。

口にすると、柔らかくて粘りがあります。かといって、こしひかりのような濃い味ではなく、あっさりとした心地よい甘さが口いっぱいに広がります。

西日本のお米でありながら、瀬戸内海近郊のお米とはまた違う旨味があります。なので、さっぱりした優しい風味なのにもかかわらず、後味の甘さが印象に残ります。しかも、強い甘さではないのに、風味が柔らかい食感に負けていないので、とても不思議です。

「あっさりしたお米 = 粘りが少ない」というイメージが覆(くつがえ)され、良い意味のショックを受けました。

さっぱりで柔らかモチモチのお米が好みであれば、1度は夢つくしを食べてほしいと思います。その美味しさに衝撃を受けますよ。

スポンサーリンク

-お米レポート
-, ,