お米レポート

青森県のお米「まっしぐら」の味とその感想

2018/06/23

まっしぐらを食べてみた

青森のお米といえば「青天の霹靂」が有名ですが、ルーツをたどると、まっしぐらはおじいちゃんにあたります。

コシヒカリとあきたこまちの系統でありながら、サッパリした味わいのまっしぐらは、とても興味をそそられるお米です。

 

こんなに少量でも、発送日に精米されていました。

美味しいお米を食べてもらいたいという、お店の心遣いが感じられて、とても嬉しいですね。

粒ぞろいが良く、色も形も綺麗です。

まっしぐらのレビュー

炊きたてにしゃもじをいれると柔らかく感じたのですが、数分経つとほどよい弾力になりました。

粒は比較的大きく、形が揃っています。

香りと甘さが控えめで、「とにかくさっぱりしている」というシンプルな味の印象でした。粘りが少ない分、想像より柔らかく感じましたが、飽きのこない食べやすいお米ですね。

お弁当で食べた場合は甘味が増し、口の中でほろっとほぐれて美味しいです。

炊き立てならばモチモチ系のお米が美味しいと思いますが、ご飯を炊飯器で保温するくらいなら、まっしぐらをラップやタッパーで冷まして保存した方が、断然美味しく食べられます。

ガツンとした味わいは無いですが、そこそこ美味しく値段も手ごろなので、お米をたくさん食べる家庭にはもってこいではないでしょうか。

スポンサーリンク

-お米レポート
-, ,